東大生の習い事

レッスンが終わりテレビをつけると

 ニッポンのぞき見太郎ー天才の育て方解明SP 東大生に育てるには

その中で東大生の多くはピアノを習っていたということでした

おそらく毎日の練習や基礎の反復が必須なため、集中力や忍耐力が培われる、定期的な発表会に向かっての練習が精神力を鍛える…。などが理由だと思います


楽器演奏が子どもの「頭の良さ」や「勉強の能力」を育てるのによい影響を与える可能性は十分にあります

また、「ピアノを習っていなかったらここまで頭が良くなっていなかったと思う」と答えた東大生は76.3%もいたというのはすごいですね(笑)

東大生が「宿題はしてあたりまえ」と考えているとのこと

うちの教室でも宿題をきっちりやってくる生徒さんは、当然上達が早いです

幼稚園の生徒さんにもこの習慣は必ずつけるようにして具体的な宿題の指示を出すようにしています

最初はなかなか出来ない小さなお子さんでも毎回の言葉がけでみるみる変わってきます

保護者と連携して生徒さんが上達する道をいつも探っています

宿題をきちんとやってきたときは「〇〇ちゃん、すごいね!がんばったね!」とオーバーアクションで褒めています

「先生に褒められた!次もがんばろう」という気持ちがレッスンにも良い効果を与えます





いまさかピアノ教室

滋賀県草津市でピアノを習うならいまさかピアノ教室。幼児から大人まで多数の生徒が所属。丁寧なレッスンで初心者でも安心して取り組んでいただけます。

0コメント

  • 1000 / 1000